あなたは運転席に座っているでしょうか?

投稿日:

 

 

こんにちは。稲津秀樹です。

 

あなたは、自動車を運転するのは好きですか?

それとも運転は誰かに任せて、助手席でのんびりする方が好きでしょうか?

 

私は助手席でのんびりする方が好きで、家族で出かける時は、いつも妻が運転をしています。

あなたはどうでしょう?

 

少し話が変わりますが、

 

あなたは、『自分の人生という自動車』の運転席に座っているでしょうか?

それとも運転は誰かに任せて、あなたは助手席でくつろいでいるのでしょうか?

 

私は、『自分の人生という自動車』の運転席に座って、前(未来)を見て危険を予測しながら、安全運転に心がけています。

 

あなたはどうですか?

『自分の人生という自動車』の運転席に座っていますか?

 

「会社員の方が安定しているから、夢はあるけど起業はしない!」

 

と話す人が、最近は多いように思います。

そしてその話を聞いて、私はいつもこのように思います。

 

◯◯さんは『自分の人生という自動車』の運転席を、会社に譲ったんだなぁ…。

 

安定を得たいから会社員の方が良いというのは、決して悪い考えではないと思います。

ただ『自分の人生という自動車』の運転席を、会社に譲るということは、自分の人生ではなく、会社のための人生を歩むということなのです。

 

自分で決めた時間ではなく、会社が決めた時間に出社しなければいけません。

自分で決めたルールではなく、会社が決めたルールに従って仕事をしなければいけません。

自分がほしい金額ではなく、会社が決めた給料で生活しなければいけません。

ヨーロッパへ旅行に行きたくても、会社がNOなら長期休暇をとることもできません。

苦手な上司や同僚がいても、その人を避けることはできません。

 

このように、『自分の人生という自動車』の運転席を誰かに任せるということは、その誰かの人生を歩むということでもあるのです。

 

あなたは、『自分の人生という自動車』の運転席に座っているでしょうか?

 

理解を深めるための例えとして会社を例に書きましたが、これは専業主婦でも同じなのです。

 

もしあなたが専業主婦だとしても、あなたにはあなたの『人生という自動車』があります。

専業主婦だから夢を追いかけるのはやめようと思えば、それは『自分の人生という自動車』の運転を放棄したことになるのです。

もしかすると『自分の人生という自動車』の運転席を、パートナーに譲っている人もいるかもしれませんね。

 

今のあなたがどんな状況でも、あなたにはあなたの人生があるのです。

 

そして『自分の人生という自動車』の運転席に座るかどうかは、すべてあなたが決めることなのです。

あなたが運転席に座れば、人生が必ずうまくいくという保証はありませんが、運転席を誰かに譲れば、必ず人生がうまくいくという保証もありません。

 

どちらを選んでも、絶対というのは人生にはないのです。

絶対というのがないのであれば、自分らしく人生を生きたいと思いませんか?

 

今からでも遅くはありません。

『自分の人生という自動車』の運転席に座り、自分らしく人生を生きていきましょう。

 

 

【 稲津秀樹のプロフィール 】
幸せな自由人・僧侶・起業家。
※プロフィールの詳細は『稲津秀樹 オフィシャルサイト』のプロフィールページをご覧ください。

【 稲津秀樹からあなたへのメッセージ 】
あなたが『人間関係・お金・時間・場所・健康』の5つから自由になり、『幸せな自由人』になるための知識や智慧(ちえ)を『幸せな自由人無料メールセミナー』を通じて無料で配信しています。
自分らしく生きたいと思われる方は、ぜひ参加してみてくださいね。

メールアドレス  

またLINEにて【自分に成る言葉】を無料で配信しています。
配信希望の方は下記から友だち追加をしてくださいね。

友だち追加

-幸せな自由人ブログ

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.