稲津秀樹のプロフィール


はじめまして、稲津秀樹です。

多くの方は、私の著書【幸せな自由人とまじめな不自由人(Clover出版)】を読まれて、当サイトにお越しいただいていると思いますので、すでに私の自己紹介は必要ないかと思います。

ただ書籍を読まれていない方もいらっしゃると思いますので、このページでは簡単に自己紹介をさせていただきたいと思います。


私が育ったのは岐阜県関市で、子どもの頃は山に囲まれて過ごしました。

家庭はとても豊かと言えるものではなく、お好み焼きの具がないので生地だけ焼いて食べることもありました。

そんな過程で育った私は…


大人になったら、好きなものを好きなだけ食べられる生活をしたい!


と思っていました。


そして月日は流れ社会人になった私は、本当に一生懸命働きました。

私は豊かな生活をするために、1日24時間のうち、できるだけ多くの時間を仕事に費やすことが、豊かな生活に繋がると思っていたのです。

毎日、積極的にサービス残業をし、朝方まで会社で仕事をするのは当たり前で、休日も返上して一生懸命働きました。

そして努力が実り、20代後半には事業部の責任者まで上り詰めることができました。

給料も20代後半にしては、破格の額をいただいていましたので、子どもの頃に決意した、『大人になったら、好きなものを好きなだけ食べられる生活をしたい!』という夢を叶えることができたのです。


ただこの時期から、心の中に”ある思い”が芽生えてきたのです。

それは…


このまま毎日深夜まで働いて、休日も働き続けることが、本当に自分の幸せになるのだろうか?

でも働く時間を減らすと成果が下がり、給料も下がってしまうかもしれない。

若いうちは良いけれど、一生このペースで働き続けるのは無理ではないか?


私には才能や特技がなかったために、同僚と同じ時間だけ働いていては、同僚よりも成果を出すことができませんでした。

だからこそ同僚が遊んでいる間に、私は遊ぶ時間を削って仕事をすることで、同僚よりも成果を上げていたのです。

私は同僚の倍近く働くことで、仕事で成果を残し、金銭面での豊かさを手に入れましたが、『時間の自由』がなかったために、まったく幸せではありませんでした。

私は自分の体に鞭を打って、睡眠時間は毎日3時間を切る状態で働き続けていたのです。


そして30歳になった頃、とうとう体力的にも精神的にも限界がきました。

医師の診断は、『過労』と『自律神経失調症』、『うつ病』でした。

本当は会社を休むのが怖かったのですが、医師の強い勧めもあり、こころと身体を休めるために、3週間の有休をとって、ひとり旅に出かけることにしたのです。


渡航先は、以前社員旅行で訪れていた、インドネシアのバリ島にしました。

はじめての海外ひとり旅でしたので、とても緊張したのを今でも覚えています。

バリ島についてからは、ホテルのプールサイドで、日本から持ってきたビジネス書を読みながら、のんびりと過ごしました。

そして後に、恩師(メンター)となる、『オーストラリア人のジャック』と運命的な出会いをしたのです。


ジャックの第一印象は、年齢は私の親くらいなのですが、自分の親とは違い、何か気品が漂う紳士という印象でした。

最初に話しかけてきたのはジャックでしたが、話をしているうちに私はジャックの人柄に惹かれていきました。

ジャックはオーストラリアで複数の会社を経営する起業家で、バリ島には長期のバカンスで訪れていたのです。

私とジャックは意気投合し、3週間の休暇の多くをジャックと過ごし、帰国後も家族付き合いをする仲までになりました。

そして起業家のジャック影響を、私は徐々に受けるようになったのです。


ジャックは私を息子同然に接してくれて、『幸せな自由人になるための7つの知識や知恵』を教えてくれました。


そして私は『ジャックのようになりたい!』と思い、起業を志すようになったのです。

当時勤めていた会社が倒産したこともあり、私は32歳で起業をしました。

会社員の時代は『お金の自由』はありましたが、『時間の自由』がなかったために、私は幸せではありませんでした。


私は『お金の自由』だけではなく、『時間の自由』を手にいれるために、起業の道を歩み始めたのです。


起業をして最初の3ヶ月は給料を取ることはできませんでしたが、ジャックが教えてくれた『幸せな自由人になるための7つの知識と知恵』を使っているうちに、私の会社は4ヶ月目で黒字になり、年収も1年目で4千万円を超えました。

起業してからの3年間で、札幌支店・宮城支店・埼玉支店・東京支店・神奈川支店・群馬支店・静岡支店、岐阜支店、愛知支店、京都支店、大阪支店、広島支店、福岡支店、沖縄支店を持ち、従業員も100名を超えるほどに成長することができたのです。

そして起業して3年後の35歳のとき、『お金の自由』と『時間の自由』の両方を手に入れることができたのです。


ただここで大きな問題が起きました。

私の会社はたった3年間で急激に成長したために、会社内の人間関係が強固なものになっていなかったのです。

そして著書の『幸せな自由人とまじめな不自由人(Clover出版)』には詳しく書きましたが、No.2の裏切りにより、会社を奪われてしまったのです。

No.2とは家族付き合いをして、私は完全に心を許していましたので、会社の実印などの管理も任せていたのです。

私が築き上げてきた資産約10億円は一晩でなくなり、負債を1億5千万円負うことになりました。


私はもう人を信用することができませんでした。

人を信用するから辛い思いをする。だったら最初から信用しなければいいと思うほど、心が荒んでしまったのです。


私は遠くに行きたいと思いました。

そんな時、脳裏に浮かんだのが、ジャックだったのです。

私はジャックが住むインドネシアのバリ島に移住をすることにしました。

もちろん移住することで何も問題は解決しないことを知ってはいましたが、その時の私は、知人がいないところに住みたかったのです。


移住先のバリ島では、本当に色々な出会いがありました。

ひょんなことからバリ島の新聞に取り上げられ、その新聞を読んだ国際大学の学長から客員としてきてもらえないかとお誘いがあり、大学で教鞭をとることにもなりました。

国際大学の就任式の写真
就任式でのスピーチ写真


またジャックからの勧めもあり、仏教寺院の名誉僧侶のロモ氏とも交流を持つようになりました。

そのロモ氏の勧めで仏教寺院の僧侶として出家もしました。

そして僧侶としての活動が認められて、名誉僧侶(筆記・実技・面接)を受けることになり、日本人として初めて僧侶の中の高僧の位である名誉僧侶に就くことができたのです。

名誉僧侶の筆記試験を受けている時の写真
名誉僧侶の実技試験を受けている時の写真
名誉僧侶の面接を受けている時の写真
筆記・実技・面接に合格し、名誉僧侶証明証を渡される時の写真
名誉僧侶の証明証


話は前後しますが、国際大学の客員時代、名誉僧侶に就くまでの修行時代に並行して、私は起業家として再起を果たしました。

ジャックから教えられた、『幸せな自由人になるための7つの知識と知恵』を使って第二の起業家人生を歩み始めたのです。

初めての起業ではなかったので、わずか1年足らずで1億5千万円の負債を完済し、約2年で前より良い状態になりました。


私は今ではNo.2に対して、とても感謝をしています。

No.2のした事は良くない事ですが、私はそのお陰で自分を見直すことができ、『幸せな自由人』になることができたのです。

もしNo.2がいなければ、私は幸せな自由人の一歩前である経済的自由人で止まっていたかもしれません。


そして『幸せな自由人』を一言でいうと…

やりたい事を、やりたい時に、やりたいだけやれる状態


この状態こそ、幸せな自由人なのです。

そのためには、下記の自由を手にする必要があります。

①人間関係の自由:誰と付き合うかを選べる自由のこと。
②お金の自由:お金のことを考えないで生活できる自由のこと。
③時間の自由:1日24時間を自分らしく使える自由のこと。
④場所の自由:好きな場所へ好きなだけ行ける自由のこと。
⑤健康の自由:健康を維持することで長く人生を楽しむ自由のこと。
⑥観念の自由:自分軸で生きるための観念を選べる自由のこと。


私はジャックから『幸せな自由人になるための7つの知識と知恵』を学ぶことで、上記の6つの自由を手に入れました。

今ではフィリピンのセブ島に移住をし、名誉僧侶の仕事の時はバリ島へ飛び、私が主宰する勉強会の仕事がある時は、日本へ一時帰国するという自由な生活をしています。


これが簡単ではありますが、私のプロフィールとなります。

もう少し詳しく知りたい方は、私の著書の『幸せな自由人とまじめな不自由人(Clover出版)』を読んでみてくださいね。

書籍は全国の書店でも購入できますが、売り切れが続出しておりますので、いち早くお求めになりたい方は、出版社直販サイトからお求めください。

出版社直販サイトでのご購入はこちら!

また書籍の書評を知りたい方はこちらからレビューを読んでみてくださいね。
本を読まれた方のレビューはこちら!


【追伸】
私は本名で活動をしていますが、作家の中にはペンネームを使う人もいます。またビジネスも本名ではなくビジネスネームを使う人が増えています。

ただ私は本名で活動することが、信頼に繋がると考えています。

そこで私が本名で活動している証として、私が名誉僧侶を務めるインドネシアバリ島の運転免許証を、開示させていただきます。

インドネシアの運転免許証

更新日:

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.