ありのまま愛していますか?

2018/02/08

 

子どもが生まれたとき、

 

「指は全部ありますか? 何か問題はありませんか? 元気ですか?」

 

これをまず看護師さんに尋ねました。

 

「大丈夫。とても元気ですよ」

 

と看護師さん。

私は「良かったぁ〜〜」と思い、ホッとしたのを覚えています。

そしてようやく

 

「ところで男の子ですか? 女の子ですか?」

 

私にとっては、男の子だろうと女の子だろうと、どちらでも良かったのです。

ただ健康であれば。

 

きっとあなたも、そう思ったのではないでしょうか?

 

でも「元気でいてくれれば、それだけで良い」と思っていたはずなのに、しばらくすると元気でいることが当たり前で、わが子を周りの子どもたちと比べるようになります。

 

よその子ができるのに、何でうちの子はできないのだろう?

みんな学校に行っているのに、何でうちの子は不登校なんだろう?

恥ずかしいから、普通になってほしい…。

 

こんな風に、わが子を周りの子と比べたことはありませんか?

 

子どもは親が思うより、親の気持ちに敏感なものです。

親が周りの子どもと比べていると察した子どもは、『愛されていない』と感じてしまいます。

親はわが子を愛するからこそ、周りの子と比べてしまうのですが、子どもにとっては周りの子と比べているのは、今の自分ではダメだからだと感じてしまうのです。

 

あなたは、子どもが生まれたとき、多くを望みましたか?

「元気で育ってくれれば、それでいい」と思いませんでしたか?

 

子どもは、あなたに愛されたいと思っています。

ありのままの自分を見てほしいと思っているのです。

 

あなたは、愛に条件をつけていませんか?

 

◯◯でなければならない。

◯◯ができなければならない。

 

こんな条件は手放して、ありのままの子どもを愛しましょう。

愛するのに条件は必要ありません。

 

今日、お子さんに何て声をかけてあげますか?

 

【 稲津秀樹のプロフィール 】
職業:僧侶・起業家。
趣味:海外旅行・スキューバダイビング・瞑想・読書。
プロフィールの詳細は『稲津秀樹 公式サイト』をご覧ください。

【 稲津秀樹からあなたへのメッセージ 】
『稲津秀樹 公式サイト』では、あなたが『人間関係・お金・時間・場所・健康』の5つから自由になり、『幸せな自由人』になるための知識や知恵を『幸せな自由人無料メールセミナー』を通じて配信しています。自分らしく生きたいと思われる方は、『幸せな自由人無料メールセミナー』に参加してみてくださいね。

またその他に、LINE・Twitter・Facebookもありますので、是非そちらにも参加してみてください。
★『LINE』では、毎月第1と第3土曜日の21時30分から開催しています『稲津秀樹 WEB講演会』に参加するためのURLをお送りしています。
【 LINE ID:@inazuhideki 】
★『Facebook』では、幸せな自由人の日常を配信しています。
【 Facebookのユーザー名:@inazuhideki 】
★『Twitter』では、幸せな自由人のエッセンスを配信しています。
【 Twitterのユーザー名:@inazuhideki 】
★『YouTube』では、幸せな自由人のエッセンスを音声で配信しております。

-幸せな自由人ブログ