観念は行動を束縛する

更新日:

 

「HIDEさんは、インドア派ですか? それともアウトドア派ですか?」

 

と聞かれたんだけど、こういう質問をされると、一瞬考えてしまう。

 

『え! どっち派? その時の気分次第でしょー。どっちかに分類されるものなの?』

 

だって、家でゆっくりしたい気分のときは、家でゆっくりすればいいし、外でぱ〜っとバーベキューをしたいときは、バーベキューをすれば良いだけだよね。

 

『どっちかに決めるのが当たり前みたいな雰囲気…。答えづらいわ〜』

 

だから、こんな質問をされると、いつも笑顔でごまかす。

 

「仕事は何をしているんですか?」

こんな質問にも、答えづらい。

私の場合は、僧侶に起業家、大学の客員講師、会社経営者、マーケティングコンサルタント、コピーライター、文筆家、心理士、講演家など、色々な仕事をしているから、どれを答えれば良いのか分からない。

『1つだけに仕事は絞った方が良いの? いっぱいでは駄目?』

 

どっち派の質問をする人は、人はどっちかに分類されると思っているし、仕事は何?と質問する人は、仕事は1つだけと最初から思い込んでいる。

だから答えづらい質問なんだよね。

 

ちなみに、こんな質問を受けたこともある。

「HIDEさんは沖縄に移住していますけど、冬がなくて寂しくないですか? だから私は沖縄には住めないんです」

たしかに沖縄には冬らしい冬はない。雪も降らないのでスノボーもできない。

でもここにも思い込みがあると、私は思っている。

 

なぜなら冬を感じたければ、国内なら北海道、海外ならカナダに行けば良いと思う。

一箇所に定住しなければいけないという思い込みがあると、無意識のうちに可能性を狭めてしまう。

 

私たちは、自分では気付かない観念を持っている。

そしてその観念に行動を縛られている。

もっと自由で良いのではないか、と最近よく思う。

あなたは、観念に縛られていませんか?

必要ない観念は、ポイしちゃおう!

【 稲津秀樹のプロフィール 】
職業:僧侶・起業家。
趣味:海外旅行・スキューバダイビング・瞑想・読書。
プロフィールの詳細は『稲津秀樹 公式サイト』をご覧ください。

【 稲津秀樹からあなたへのメッセージ 】
『稲津秀樹 公式サイト』では、あなたが『人間関係・お金・時間・場所・健康』の5つから自由になり、『幸せな自由人』になるための知識や知恵を『幸せな自由人無料メールセミナー』を通じて配信しています。自分らしく生きたいと思われる方は、『幸せな自由人無料メールセミナー』に参加してみてくださいね。

またその他に、LINE・Twitter・Facebookもありますので、是非そちらにも参加してみてください。
★『LINE』では、毎月第1と第3土曜日の21時30分から開催しています『稲津秀樹 WEB講演会』に参加するためのURLをお送りしています。
【 LINE ID:@inazuhideki 】
★『Facebook』では、幸せな自由人の日常を配信しています。
【 Facebookのユーザー名:@inazuhideki 】
★『Twitter』では、幸せな自由人のエッセンスを配信しています。
【 Twitterのユーザー名:@inazuhideki 】
★『YouTube』では、幸せな自由人のエッセンスを音声で配信しております。

-幸せな自由人ブログ

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.