ジャングルジムから人生を学ぶ

 

ジャングルジムで遊んでいる娘が、何度も踏み外して、ジャングルジムから落ちる。

 

「ぱぱぁ〜っ」

 

って近寄ってきては、私の膝に座り、ひとしきり泣いては、またジャングルジムの最上段にチャレンジをしにいく。

そしてまた落ちて、泣きながら私へ飛び込んでくる。

 

こんな時、わたしは、

『長い人生では、悔しいことも悲しいことも、失敗することもあるだろうけど、失敗しないために何もしない人にはなってほしくない。このままチャレンジ精神を忘れずに成長してほしい』

と思う。

 

才能がある人は、最初から上手くできるのかもしれない。

才能がない人は、何回も失敗することもあるのだろう。

 

でも何回もやっているうちに、ほとんどの事はできるようになるものだ。

そして1回でできた人より、何度も失敗してできるようになった人の方が、人生を切り開いていける力を身につけることができる。

 

子どもの頃は、まだ観念が身についていないから、失敗を失敗と思っていないし、人からよく見られたいとも思っていない。

でもある程度、成長していくと、周りの大人から無意識で教えられる観念に縛られるようになる。

 

「失敗したくない」

「人に失敗するところを見られたくない」

「能力がないと思われたくない」

「笑われたくない」

「馬鹿にされたくない」

「見下されたくない」

 

こんな観念が、チャレンジすることを躊躇させる。

本当は才能なんてなくても、何回も繰り返すことで誰でもできるものなのに、人からよく思われたいと思う観念があるために、失敗することが怖くて行動ができないのだ。

そして行動できない言い訳として、

 

「今のままで満足しないとね」

「環境が整ってからやろう」

「リスクを犯すほどのことではない」

 

と信じ込もうとする。

これでは、失敗はしないかもしれないが、成功もするはずがない。

そして、自尊心や自己肯定感が下がっていく。

 

話は変わるが、私にはみんなが思うほど才能があるわけではない。

だからこそ、20代は寝る間も惜しんで働いてきたし、失敗をして笑われることもあった。

 

例えば、みんなが30日で1回失敗をするとしたら、私は3日に1回、失敗をしてきた。

 

「HIDEは、懲りないなぁ」

 

と笑われても、私には私なりの信念があったのだ。

みんなが30日で1回失敗するのなら、私は3日に1回失敗するくらい、チャレンジをしていこう。

そうすれば、みんなより10倍は成長が早いはずだ。

 

このような信念が、私にはあった。

だからこそ、若い時期に『幸せな自由人』になる事ができたのだと思う。

 

人は誰でも失敗はしたくないし、人からは良く見られたいと思うもの。

だからといって、失敗を恐れて何もしなかったとしたら、あなたの人生には失敗はないだろうが、成功もないだろう。

 

どちらの人生が良いのだろうか。

そして、どちらの人生が後悔しないだろうか。

 

ジャングルジムから落ちては泣いて、また懲りずに登る娘をみて、このような事を考えていた。

 

娘には、失敗はたくさんしてもらいたい。

そして最後には、「楽しい人生だった」といってほしいと、パパは思う。

 

読者のみなさまへ。
このブログを読んで、こころに響いたら、Twitterでご覧の人は、『リツイート』と『いいね!』をFacebookでご覧の人は、『シェアする』と『いいね!』をクリックしていただけると、とても励みになります。
またこのブログを読んでの感想や質問は、私のLINEに直接ご連絡ください。質問には順番にお答えいたします。LINE ID:@inazuhideki

【幸せな自由人無料メールセミナーについて】
あなたが『人間関係』『お金』『時間』『健康』の4つを手に入れて、『幸せな自由人になる方法』を無料メールセミナーで教えています。
無料メールセミナーは365日間続き、ずっと無料で、いつでも簡単に止めることができます。また商品の宣伝等も一切ありませんので、ご安心ください。

-幸せな自由人ブログ