上を向いて歩こう

 

昨日の夕方、家族(妻と娘)で散歩をしていたら、空に虹が出ていた。

私は娘に、

 

「ほら、見てごらん。虹が出ているよ。綺麗だね。下ばかり見ていたら、虹に気づかなかったよね。だから下ばかり見て歩くんじゃなくて、上を見ながら歩くんだよ。そうしたら、きっと宝物が見つかるよ」

 

と言った。

娘はまだ2歳なので、それ以上は説明をしなかったが、私が本当に言いたかったのは、

 

『生きていれば色々なことがあるけれど、下ばかり見て歩いていたら、大切なものを見逃してしまうよ。だから嫌なことがあっても、上を向いて歩いてね。視点を変えれば、幸せは意外と近くにあるものだよ』

 

ということ。

私たち家族以外にも歩いている人がいたけれど、みんなスマホを操作したり、下を見て歩いていたので、虹に気づいた人はいなかった。

 

もったいないよね。視点を変えれば、虹が出ていたのに…。

 

娘もいつか分かるときがくるかな。

そしてしばらく上を見ながら歩いていたら、前からきた自転車にぶつかってしまった。上ばかり見ていたので、まったく気づかなかった。

そして妻が一言。

 

「上を見て歩くのも良いけれど、前を向いて歩かないと怪我をするよ。人生も同じでしょ?」

「…そのとおりです。。」

 

チラッと見たら、娘が横目で私を見ていた。君もママと同じように強い人になってね…。

 

 

話は変わるが、私とLINEで繋がっている人には、その虹の写真を送ったのだが、多くの人からは、「虹って良いですよね」とコメントがあった。ただ1人だけ「虹って、すぐ消えるから寂しいイメージありますよね」と返答があった。

 

なるほど。そういう捉え方もあるのか。人によって観念は違うものだなと、しみじみと思ってしまった。

 

ちなみに最近、観念と概念の違いについて聞かれることがある。

 

観念とは、『あるものに対して持つ、主観的な考えや捉え方』

概念とは、『あるものに対して持つ、客観的で共通した考えや捉え方』

 

例えば、あなたの前にバナナがあるとする。

あなたはバナナを見て、これはバナナだと認識をしますね。まさかバナナを見て、冷蔵庫とは思わないですよね。バナナは誰が見てもバナナです。共通した捉え方なので、これが概念。

でもバナナが好きかどうかは、人によって違いますね。好きかどうかは主観なので、これが観念。

 

幸せな自由人無料メールセミナーに参加している方は、すでに観念と概念の違いは理解していますね。

ただまだ参加していない人は、理解していないかも知れなので、以前インターネットで対談した時の音声を用意しました。

まだ理解しているか不安という方は、聞いてみてください。ただインターネットでの対談音声なので、少し音割れしているところがあります。

インターネット対談音声は下記になります。

読者のみなさまへ。
このブログを読んで、こころに響いたら、Twitterでご覧の人は、『リツイート』と『いいね!』をFacebookでご覧の人は、『シェアする』と『いいね!』をクリックしていただけると、とても励みになります。
またこのブログを読んでの感想や質問は、私のLINEに直接ご連絡ください。質問には順番にお答えいたします。LINE ID:@inazuhideki

【幸せな自由人無料メールセミナーについて】
あなたが『人間関係』『お金』『時間』『健康』の4つを手に入れて、『幸せな自由人になる方法』を無料メールセミナーで教えています。
無料メールセミナーは365日間続き、ずっと無料で、いつでも簡単に止めることができます。また商品の宣伝等も一切ありませんので、ご安心ください。

-幸せな自由人ブログ