どちらの道が正しいのだろう?

投稿日:

【みんなの質問広場のご案内】
稲津秀樹へのご質問は、『みんなの質問広場』をご利用ください。
みんなの質問広場はこちら!



道を歩いていたら、道を塞ぐほどの人だかりができていた。

前の人を押しのけて、人々が何を見ているのかと覗いてみると…


今まで一本道だったのが二手に分かれていて、その分かれ道の前に、人間の骨らしきものが横たわっていた。

いま私が歩いてきた道には危険なものはなかったから、きっと二手の道のどちらかから逃げてきた人が、ここで息たえてしまったのだ。

と、そんな会話をボソボソとしている人もいる。


どちらの道が危険なのだろう?

どちらの道を選択するのが正しいのだろう?

私に正しい道を選択できるだろうか?

私には選択する勇気がない…


そんなことを考えて立ち往生していたら、ある老人が皆の横を通り抜けて、先に進もうとしている。

皆は老人に

「危険だからとしばらく様子を見よう」

と言うが、老人は皆の言うことを聞かず、どんどん進んでいく。


私は老人に尋ねた。

「あなたはどちらが正しい道か知っているのですか?」

老人は首を横にふる。

私がなんて勇気のある人なんだ…と思っていると、老人が口を開いた。


「君は私のことを勇気があると思っているみたいだが、私から言わせれば君たちの方が勇気があるようにみえるのだよ。
なぜならあの骨を見たかい? あの骨は分かれ道のどちらかから逃げてきた人の骨ではない。
あれはどちらの道にしようか迷っているうちに、寿命が尽きてしまった人の骨なんだよ。
君もどちらの道が正しいのか迷っているようだね。今のままだと君もあの骨のようになる。
私はそんな君たちを勇気ある人だと思う。なぜならあえて骨になる運命を選んでいるからだよ。
私はここで迷いながら骨になる勇気がない。だから進むんだ。

それにね、正しい道というものはない。君が選んだ道が君にとって正しい道になるんだ。自分で選んだ道をどのように歩くのかによって、その道が君の正しい道になる。覚えておきなさい」


そう言い残して、老人は右の道へと進んで行ってしまった。

老人の後ろ姿が見えなくなってから、私は足元に横たわっている骨を見た。

そして私は左の道へと一歩を踏み出した。


【自分に成る物語:2020年1月21日】

この物語の解説は、明日の朝8時のFacebook LIVEでお話しいたします。
下記のURLをクリックして、私のFacebookページに『いいね!』を押していただければ、配信情報があなたのFacebookに届きます。
また朝の8時にLIVEで参加できない方は、解説の内容は私のFacebookページで視聴できますので、ご安心ください。
https://www.facebook.com/inazuhideki/

【著書のご案内】
稲津秀樹の著書のご案内ページはこちら!
著書のご案内

【幸せな自由人Mailのご案内】
毎朝7時に無料メルマガの『幸せな自由人Mail』を配信しております。
幸せな自由人Mailでは、幸せな自由人になるための知識と知恵を学ぶことができます。
読書登録(無料)はこちら!

【宇宙と悟りの心理学 RiceCakeチャンネルのご案内】
稲津秀樹のYouTubeチャンネルのご案内です。
ぜひ『チャンネル登録』もお願いいたします。
YouTubeチャンネルはこちら!

【Facebook LIVEのご案内】
朝8時にFacebook LIVEで朝活を開催しております。
ぜひ『いいね!』もお願いいたします。
Facebookページはこちら!

【LINEのご案内】
稲津秀樹と友だちになりませんか?
LINEの友だち追加はこちら!

-幸せな自由人Blog

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.