1日の理想の過ごし方を考えてみよう!

フィリピン・セブ島の朝焼け写真



おはようございます。HIDEです。

フィリピン・セブ島に移住をして、5日目。

毎日、必要な物を買いに出かけています。(妻に連れ出されています…)


セブ島に移住する前に、セブ島の情報をネットで調べていたんだけど、ネットの情報と実際に現地で経験することは、意外と違うんだよね。

治安はネットの情報よりも、かなり良い。
物価はネットの情報よりも、とてつもなく安い。
教育はネットの情報通り。
医療はまだ未定(病院に行っていないので…)。
食事はネットの情報よりも、かなり種類が豊富(日本以上かも)。
大気汚染は場所によって、ネットの情報よりも少し悪い(一部の地域限定)。
フィリピン人はネットの情報通り。ユーモアに溢れ明るく優しいが、時間にルーズ。

数年前はインドネシア・バリ島に住んでいたんだけど、バリ島よりも断然セブ島の方が住みやすいと感じる。

もうバリ島には行けないかも…

僧侶のお勤めでは行くけどね…


ちなみにようやく落ち着いてきたので、今日からいつも通り、早起きに戻しました。

セブ島での生活リズムは、こんな感じ。


3時    :起床
3時10分 :瞑想
3時40分 :シャワー
3時50分 :身支度
4時    :仕事(書籍の執筆・ブログの執筆・YouTubeの収録)
6時    :娘のスクールの準備
6時30分 :家族と朝食(私は飲み物のみ)
7時    :娘の送迎
7時30分 :妻とデート or 勉強 or WEB個人面談
15時   :娘の送迎
15時30分:娘と遊ぶ
17時   :外食(腹5分目)
19時30分:娘とシャワー
20時   :就寝


この生活リズムが私にとって、一番ストレスが溜まらない。

生活をスケジュール化することによって、ストレスを溜めないで済むというのもジャックから教わったことのひとつ。

※ジャックのことは、著書の『幸せな自由人とまじめな不自由人(Clover出版)』で書いたので、気になる人は読んでね。

最初はスケジュールを上手に組むことができなかったけど、慣れてくると簡単にスケジュールを組むことができる。

『幸せな自由人勉強会』の生徒の方には、スケジュールを組むことの大切さについてお伝えしているけど、生徒ではない方も、1日の理想の過ごし方を考えてみると良いよ。

そうすることで、理想の生活に近づいていけるんだよ。

では買い物に行ってきます!



『幸せな自由人とまじめな不自由人(Clover出版)』稲津秀樹著
Amazonで今すぐ購入する方はこちらから!

Amazonでレビューを書いていただいた方には、書籍解説セミナー動画(定価3,300円)を視聴できるURLを無料でプレゼントしています。
※応募方法は、稲津秀樹のLINEに「レビュー名」を記載の上ご連絡ください。

稲津秀樹とLINEで繋がりませんか?
友だち追加

『幸せな自由人無料メールセミナー(365日間)』で、あなたも自由を手に入れませんか?
ご希望の方は、メールアドレスを入力してください。

メールアドレス  

※入力後すぐに自動返信メールが届きます。
※自動返信メールが届かない場合は『Yahoo!メール』で再度試してみてください。Yahoo!メールは無料で取得することができます。

稲津秀樹のFacebookを覗いてみませんか?

ちょっとだけ覗く!

-幸せな自由人ブログ