静かなワクワク VS 強烈なワクワク



先日、私が主宰する『幸せな自由人勉強会』の生徒さんと食事をしていた時、こんな質問を受けました。


HIDEさんと話している時は、『静かなワクワク』が湧いてくるんです。

ただ先日仕事の関係で、とあるセミナーに参加したのですが、その時の講師はとても熱意のある方で、話を聞いているだけで『強烈なワクワク』が湧いてきたんです。

HIDEさんとは違うタイプの先生だったのですが、私が感じた『静かなワクワク』と『強烈なワクワク』はどちらが良いのでしょうか?


このような質問を、幸せな自由人勉強会の生徒さんから受けたのですが、あなたは『静かなワクワク』と『強烈なワクワク』であれば、どちらが正しいと思いますか?


実はどちらが正しいというよりも、どちらにも長所と短所があるのです。

その長所と短所とは…


【 強烈なワクワク 】
長所は…周りを高揚させ『やる気』にし、強いポジティブ状態に導くことができること。やかんの水を一気に沸騰させるようなもの。

短所は…『やる気』と強いポジティブ状態は長く続かないこと。

解説…強烈なワクワクは、ナチスのヒトラーも使っていた手法です。この方法は周りを巻き込むことができ、かなり強いポジティブ状態にさせることができます。
ただし強いボジティブ状態を維持することは難しく、強いポジティブ状態の次には強いネガティブ状態になりやすいのです。
ですからヒトラーは強いポジティブ状態が続かないことを知っていたため、毎週演説をして強いポジティブ状態を維持していたそうです。

いきなり激しい運動した後に、筋肉痛で動けなくなることがあるように、あまりに強いポジティブ状態は、強いネガティ状態を招き、逆に行動力を奪ってしまうのです。
ただし強いポジティブ状態をずっと維持できる強い精神力を持った人には『強烈なワクワク』はお勧めな手法と言えます。


【 静かなワクワク 】
長所は…徐々に『やる気』にさせるため続きやすく、多くの人にとって無理がないこと。

短所は…個人差はあるが、『やる気』状態になるまで1ヶ月から3ヶ月程度かかること。

解説…静かなワクワクは、準備運動をしてから徐々に運動して筋肉痛にならないようにしているようなもの。
そのため強いポジティブにはならないが、その反動で強いネガティブにもなることがないのです。
もしあなたが強い精神力を持っているのなら、『強烈なワクワク』でも大丈夫ですが、普通の精神力であれば『強烈なワクワク』ではなく、『静かなワクワク』の方が良いのです。


私は講演会や勉強会の時などでも、あまり強い熱意を出さないようにしています。

※つい出てしまうこともありますが…

その理由は、強い熱意はその場のやる気を沸騰させることはできますが、強い熱意からのワクワクでは、やる気が数日しか続かないことを知っているからです。


あなたは強い精神力を持っているでしょうか?


もし『YES』であれば、あなたには『強烈なワクワク』が向いています。

しかし『NO』なら、『静かなワクワク』が向いているのです。

ぜひ自分に向いているものを選択するようにしてくださいね。


『幸せな自由人とまじめな不自由人(Clover出版)』稲津秀樹著
Amazonで今すぐ購入する方はこちらから!

Amazonでレビューを書いていただいた方には、書籍解説セミナー動画(定価3,300円)を視聴できるURLを無料でプレゼントしています。
※応募方法は、稲津秀樹のLINEに「レビュー名」を記載の上ご連絡ください。

稲津秀樹とLINEで繋がりませんか?
友だち追加

『幸せな自由人無料メールセミナー(365日間)』で、あなたも自由を手に入れませんか?
ご希望の方は、メールアドレスを入力してください。

メールアドレス  

※入力後すぐに自動返信メールが届きます。
※自動返信メールが届かない場合は『Yahoo!メール』で再度試してみてください。Yahoo!メールは無料で取得することができます。

稲津秀樹のFacebookを覗いてみませんか?

ちょっとだけ覗く!

-幸せな自由人ブログ