何が必要で何が不要なのかを明確にしよう。

投稿日:

 

稲津秀樹です。

 

高度成長期の時は、『何かを手に入れる』ことで幸せが手に入った。

でも今の時代は、『何かを手放す』ことで幸せが手に入る時代になった。

 

何かを手放すというのは、何が必要で何が不要なのかを明確にするということ。

 

高度成長期の時は、まだ物がない時代。だからこそ『何かを手に入れる』ことで満足を得られた。

でも物が溢れている現代では、有り余る物がストレスを生む時代になった。

 

そろそろ『何が大切なのか?』『何が自分を幸せにするのか?』を考える時期なのかもしれないね。

 

周りの人の価値観では自分を幸せにすることはできないから、自分の価値観で決めることが大切。

今度の休日は、ゆっくり考えてみようか。

 

【 稲津秀樹のプロフィール 】
幸せな自由人・名誉僧侶(ビハーラ ダルマヤナ寺院)・起業家・作家・講演家。
※プロフィールの詳細は『稲津秀樹 オフィシャルサイト』のプロフィールページをご覧ください。

【 稲津秀樹からあなたへのメッセージ 】
あなたが『人間関係・お金・時間・場所・健康』の5つから自由になり、自分に必要のない観念を手放し、あなた自身が『幸せな自由人』になるための知識や智慧(ちえ)を『幸せな自由人無料メールセミナー』を通じて無料で配信しています。
自分らしく生きたいと思われる方は、ぜひ参加してみてくださいね。

メールアドレス  

幸せな自由人ブログの内容について、ご質問やご相談がある場合は、直接LINEへお送りください。個別にボイスメッセージにて、お返事させていただきます。

友だち追加

-幸せな自由人ブログ

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.