幸せと不幸せの境界線はあるのか?

 

稲津秀樹です。

昨日、このような相談のメールが届きました。

 

『幸せ』と『不幸せ』の境界線はあるのでしょうか?

私自身は、『何か』や『誰か』と比べることで、自分は幸せだと思えると考えています。

 

本当はもっと長い文章が届いたのですが、要約するとこんな内容の文章でした。

 

あなたはどう思いますか?

『幸せ』と『不幸せ』の境界線はあるのでしょうか?

 

実は『幸せ』と『不幸せ』には、境界線がありません。

こうなったら『幸せ』で、それ以外は『不幸せ』ということはないのです。

 

なぜなら幸せというのは、客観的な要素で決まるものではなく、主観的な要素で決まるのです。

 

例えば、食パンを食べるたびに、あなたは幸せを感じるでしょうか?

おそらくその時の状態によって変わるはずです。

 

わかりやすく例を出しましょう。

 

もしあなたが毎日、朝食でジャムやバターを塗った食パンを食べていたとします。

それが日常のあなたが、朝起きてジャムやバターが切れていたとしたら、どう感じるでしょう?

感じ方は人それぞれですので断言はできませんが、人によっては『不幸せ』を感じるかもしれませんね。

 

反対に、お金がなくて食パンにジャムやバターを塗れない人がいたとします。

その人にジャムやバターを塗った食パンをあげたら、その人はどう感じるでしょう?

きっと『幸せ』と感じるのではないでしょうか。

 

このように、何かがあるから幸せというのではなく、自分自身の状態によって『幸せ』か『不幸せ』が決まるのです。

 

もちろん同一人物でも、その日の気分によっては普段は幸せに感じることが、今日は不幸せに感じる場合もあるかもしれません。

 

幸せというのは、感じるもので実際は実体がないものです。

そして感じるという行為は、あなたが持っている『観念』や、その時のあなたの状態によって変わるものなのです。

ですから自分に必要のない『観念』を手放すことが大切なのですね。

 

もう少し詳しく知りたいという方は、音声にて詳しく説明していますので、ぜひ聴いてみてくださいね。

収録時間は15分16秒ですので、すぐに聴けますよ!

 

【 稲津秀樹のプロフィール 】
僧侶・起業家・講演家・心理士スーパーバイザー。
※プロフィールの詳細は『稲津秀樹 オフィシャルサイト』のプロフィールページをご覧ください。

【 稲津秀樹からあなたへのメッセージ 】
あなたが『人間関係・お金・時間・場所・健康』の5つから自由になり、『幸せな自由人』になるための知識や智慧(ちえ)を『幸せな自由人無料メールセミナー』を通じて無料で配信しています。
自分らしく生きたいと思われる方は、ぜひ参加してみてくださいね。

メールアドレス  

またLINEにて【自分に成る言葉】を無料で配信しています。
配信希望の方は下記から友だち追加をしてくださいね。

友だち追加

-幸せな自由人ブログ