将来住むなら 海外・国内 どっちがいいの?

投稿日:

【書籍のご案内】
Amazon部門別ランキング1位を獲得した書籍をはじめ
その他の稲津秀樹著の書籍をご紹介しています!
よろしければ読んでみてくださいね!
稲津秀樹の著書はこちら!



稲津秀樹です。

私はリゾート地のセブ島に住んでいるのですが、その影響もあってか、下記のようなご質問をいただくことがあります。

「将来住むなら、海外と国内 どちらがいいのでしょう?」


という質問なのですが、これは一概には言えないものなのですね。

そこで項目別に、海外か国内かを考えてみたいと思います。

住む場所というのは、とても大切なものになりますので、これからの参考にしてくださいね。


ちなみに私は、国内では下記のところに住んだことがあります。

・北海道
・宮城県
・群馬県
・埼玉県
・東京都
・千葉県
・神奈川県
・長野県
・山梨県
・静岡県
・愛知県
・岐阜県
・三重県
・福井県
・滋賀県
・奈良県
・京都府
・大阪府
・兵庫県
・岡山県
・福岡県
・沖縄県
※3ヶ月以上滞在した地域を対象にしています。


そして海外では…

・バリ島(インドネシア )
・セブ島(フィリピン)
・台北(台湾)
・パタヤ(タイ王国)
※3ヶ月以上滞在した地域を対象にしています。
※海外の場合はビザの関係で、滞在中ビザの更新のため滞在国を一時出る場合もあります。


う〜ん……

本当にあっちこっちに行っている。放浪癖だね。これは……


話を本題に戻しましょう。

将来住むなら 海外・国内 どちらがいいのか? 項目別に見ていきましょう。

仕事:日本円は強いため、日本の通貨を得ることができる国内が圧倒的に有利
税金:滞在国や収入額によって変わるが、一般的に所得税率20 %以上の方は海外の方が得になることが多い
物価:多くの場合は海外が有利だが、先進国の場合は日本より物価が高いこともある
治安:ほとんどの場合は国内が有利だが、危険な地域に行かなければそれほど不安になることはない
医療(健康保険):やはり健康保険がある日本が有利だが、日本国籍があればいつでも戻れるので、それほど問題はない
教育:個人の価値観によるが、多くの場合は海外が有利
サービス:国内が圧倒的に有利
文化:異文化に馴染めるかどうか
非常事態が起きた場合:国内が圧倒的に有利


以上です。

当たり前のことですが、個人の価値観によって、海外の方が良い場合もあれば、国内の方が良い場合があるのですね。


私は基本的に海外の方が好きなのですが、今回のコロナの問題で、非常事態が起きた場合は国内の方が良いと考えています。


あなたはどうでしょうか?

将来住むとしたら 海外・国内 どちらを選びますか?


今回は、海外移住のメリットとデメリットを聞かれることが多いので、簡単にまとめさせていただきました。

もっと詳細を知りたいという方は、下記にYouTube動画を載せましたので、ぜひご覧ください。


チャンネル登録と高評価、コメントもお願いいたします。

では下記からYouTube動画をご覧くださいね!

【いつまで”まじめな不自由人”を続けますか?】

人間関係・お金・時間・場所・健康・観念の6つから自由になり
あなたも”幸せな自由人”になりませんか?
もしあなたが”まじめな不自由人”であれば
92日間で幸せな自由人になるキッカケを掴むことができます!
永久無料の幸せな自由人Mail(メルマガ)で
新型コロナウイルスの影響を受けない”あなた”になりませんか?

幸せな自由人Mail(永久無料メルマガ)の詳細はこちら!

-幸せな自由人Blog

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.