【自分に成る言葉 2019.4.2】



僕はね、貧乏な家庭で育ったから、子どもの頃からお金や自由な時間に飢えていたんだ。

小学校の頃から、新聞配達や牛乳配達をしていたし、学校が終われば歳の離れた妹を幼稚園に迎えに行って、あえて残してきた給食を妹に食べさせて、お風呂に入れて、寝かすのも僕の仕事だった。

そして大学進学を希望したけど、もちろん親の答えはNOだった。
だからまずは働いて、自分でお金を貯めて大学に行くことにしたんだ。


その時の僕が唯一持っていたもの。
それは…

1日24時間の時間だけだった。


1日24時間の時間だけが、僕に与えられた唯一のものだった。

だから僕は、1日24時間の使い方を工夫したんだ。
その使い方を変えることで、人生を変えると決めた。


『◯◯がないからできない』と、できない理由を考えて自分を正当化する時間があるのなら、『◯◯がなくても、どう工夫したらできるようになるのだろう?』と、克服する方法を考えるのに時間を使うようにした。


そして…32歳で起業し自ら18社設立しすべてを黒字にした。

そして…国際大学で教鞭をとりたいと思い客員講師になった。

そして…心の世界を極めたいと思い、日本人初の名誉僧侶になった。

そして…作家として活動も始めた。

そして…今はセブ島に住んでいる。

どんな人にでも与えられる1日の時間は、24時間。

その時間をどのように使うかが、人生を変えるポイントなんだよ。


平等に与えられた時間を、知識と知恵を身につけるのに使おう。

それがあなたの力になるんだからね!


『幸せな自由人とまじめな不自由人(Clover出版)』稲津秀樹著
Amazonで今すぐ購入する方はこちらから!

Amazonでレビューを書いていただいた方には、書籍解説セミナー動画(定価3,033円)を視聴できるURLを無料でプレゼントしています。
※応募方法は、稲津秀樹のLINEに「レビュー名」を記載の上ご連絡ください。

稲津秀樹とLINEで繋がりませんか?
友だち追加

『幸せな自由人無料メールセミナー(365日間)』で、あなたも自由を手に入れませんか?
ご希望の方は、メールアドレスを入力してください。

メールアドレス  

※入力後すぐに自動返信メールが届きます。
※自動返信メールが届かない場合は『Yahoo!メール』で再度試してみてください。Yahoo!メールは無料で取得することができます。

稲津秀樹のFacebookを覗いてみませんか?

ちょっとだけ覗く!

-幸せな自由人ブログ