自分の人生に何を描こうか?


稲津秀樹です。


秋になると子どもの頃の写生大会を思い出す。

(もう年末だけど、沖縄に住んでいると、12月に秋を感じる…)


大きな公園に行って、学校の先生に

「何を描いてもいいよ!」

と言われたから、変わった形をした岩を描いていたら、

「稲津くん。せっかく秋なんだから、秋らしいものを描こうね!」

と言われて、大人は嘘つきだと思った秋。


結局、何を描いても良いという言葉には、「先生の期待に通りにね」という暗黙の圧力があることに気づいた秋。

社会は本音と建前…。

まやかしの世界…。


でも学校の先生や親の言うことは、正しいんだから守らなくてはいけない!

いやいや〜ただ偉そうにしているだけで、別に正しいとは限らないんじゃないか?


と考え始めたあの頃の秋。


大人になって思うのは、学校の先生や親の言うことを聞いておけば褒められるし、その時は優越感に浸れるかもしれない。

でも結局、そのまま進んでいけば、学校の先生や親、つまり『他者の人生』を歩むことになるということ。

そしてその道は、あくまで他者の『幸せの道』であって、自分が幸せになる道ではない可能性があるということ。


だから法律や条例に違反しないのであれば、自分で描きたいものを描こうと思ったんだ。

だってこのスケッチブックは、僕のものなんだから。


人生というスケッチブック。


あなたはスケッチブックに何を描きたいかな?

そしてそれは本当に自分の描きたかったものなのかな?


僕はスケッチブックの端っこに、作家になる自分の絵を描いたんだ。

だからそれが現実になるんだね。


さて、あなたは残りの人生にどんな絵を描き、どんな色合いにしてみる?


僕が数年前に書いたスケッチブックの書籍が『幸せな自由人とまじめな不自由人』。もうすぐ発売されるので、本屋で見かけたら立ち読みしてみてね!

稲津秀樹著:幸せな自由人とまじめな不自由人(Clover出版)1,512円(税込)

Amazonで今すぐ購入する方はこちらから!

レビューを書いていただければ、プレゼントもあるよ!


著者について

1973年岐阜県生まれ。
起業家・名誉僧侶(VIHARA DHARMAYANA KUTA仏教寺院)

勤めていた会社が倒産したのを契機に、一念発起して32歳で起業。
北は北海道から南は沖縄まで支店を展開し、35歳で『経済的自由人』になる。

しかし会社のナンバー2に騙されて、全てを失い無一文に。
人間不信に陥り一時は自殺まで考えるが、再起を誓い起業家として再スタートをする。

無一文からわずか2年で、以前の収入を超え再起を果たす。
そして2018年までに自ら会社を18社を設立して、全てを黒字化。

その後、「これからのビジネスの在り方とは?」「本当の幸せとは何か?」「生きる意味とは何か?」と悩み、答えが内面にあると気づき、その答えを見つけるために僧侶として出家する。2018年1月名誉僧侶に就任。

現在は国内外で『人間関係・お金・時間・場所・健康』の5つの自由を手に入れるための知識と知恵を教えている。

『幸せな自由人勉強会』主宰。
『自分に成る勉強会』主宰。

詳しい詳細は、プロフィールページをご覧ください。

幸せな自由人無料メールセミナーを受講したい方は、下記にメールアドレスを入力してください。
※Yahoo!メール推奨。他のメールアドレスでは届かない場合がございます。

メールアドレス  


稲津秀樹へメッセージを送りたい方は、LINEへお願いいたします。
友だち追加

-幸せな自由人ブログ