みんなの質問広場

感情を自覚できない時の観念の見つけ方に...
 

感情を自覚できない時の観念の見つけ方について  

 

みや
 みや
参加: 4か月 前
投稿: 61
2019年10月18日 9:54 PM  

HIDEさん。よろしくお願いします。

感情の動きが見えない時に観念はどこにあるのかを見つけるにはどうしたらよいでしょうか。

先日、職場で皆さんの前で話した時に、自分で感情が動いていたのだとは思うのですが、その感情を自覚できず、体だけが反応していました。話している間、声が震えかけていて、お腹がキューっとなって涙が出そうになりそうなのを堪えていました。体の感覚、反応で初めて感情が動いているらしい、と気が付いた状態でした。その時の自分の感情が「何か」、「何故なのか」が、わかりませんでした。感情がわからないので、その下にある観念も、それがどのようなものか、もわかりませんでした。

このような時、どのように感情、観念を探せばいいでしょうか?

ご回答、宜しくお願いします。


引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 473
2019年10月23日 8:35 PM  

みやさん、こんばんは!HIDEです。
ご質問ありがとうございます。

みやさんは、とっても貴重な経験をされましたね。
いつも私がお伝えしているように、【観念の法則】というものがあります。

これは…


観念から感情が湧き、

感情が思考になり、
思考が行為(言葉・行動)として現れ、
行為(言葉・行動)が結果を生む。

という法則です。
つまり観念があるからこそ、感情が湧き、思考になり、それが行為に現れるのですね。

そしてこの法則のもう一つの特徴として、感情が動くと身体に変化が表れるという点です。


嬉しい時は、自然とニヤニヤしてしまう。

悲しい時は、涙を止めようとしても制御できない。
怒っている時は、笑顔が不自然になる。

このように感情が動くと、些細な変化かもしれませんが、身体に何かしらの変化が表れるものなのですね。

その身体の変化に気づくことができれば、最も深い原因である観念を見つけることもできるのです。

そしてこのような時、どうやって感情を気づけば良いのかというと、どの思考と行為(言葉・行動)をしたときに、身体に変化が現れたのかを、よく観察していくことです。

例えば、「みんなを信じて頑張りましょう!」と職場で言ったときに心が動いたのであれば、信じるということができない状態なのかもしれません。

このように自分自身の、思考と行為(言葉・行動)のどれに身体が反応したかを、注意してみていく必要があるのですね。

でも多くの場合、言葉で反応することが多いので、みやさんがどんな言葉を発していたかを思い出してみてください。

そうすることで、どんな観念を持っているかが分かりますよ( ◠‿◠ )


返信引用
みや
 みや
参加: 4か月 前
投稿: 61
2019年10月24日 3:11 PM  

HIDEさん。ご回答ありがとうございました。

感情に気づけず、身体だけが反応をしたとき、それは自分の深いところにある観念が反応していたのですね。身体の反応、変化にもアンテナを張っておくことが大切なのですね。

何を話したか、その時にどこが反応したのか、今一度経過を思い出してみます。

観念の気づき方、また一つ覚えておきます。

丁寧でわかりやすいご回答いただき有難うございました。

また質問がわいたときにはよろしくお願いいたします。

 


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 473
2019年10月24日 7:21 PM  

みやさん、こんばんは!HIDEです。
ご質問ありがとうございます。

はい!
また分からないことがありましたら、いつでも『みんなの質問広場』を使ってくださいね( ◠‿◠ )


返信引用

返信する


 

更新日:

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ログイン または 登録 してください