みんなの質問広場

通知
すべてクリア

自分の変化と周りの反応について

 

SANA
 SANA
結合: 2年前
投稿: 51
Topic starter  

こんにちはヒデさん😊

 

ヒデさんのメルマガなどで、観念のことを学び、2年ほど前に愛されたいとか、愛されなければいけないとか、大切にされたい、大切にされなければいけないという観念が自分の中に根強くあることがわかりました。

2年ほど前の私はこの観念を見つけたときに、自分で自分を大切にできていないから、周りに愛されることや大切にしてほしいと思ってしまっている、と考えました。

その頃の私は他者といると、流されるというのか、自分の思ったこと感じたことを素直に言ったりすることができないばかりでなく、本当は断りたいのに嫌なのに断れなかったり、自分に嘘をついてる状態でした。

なので、まず自分の感じたことや思ったことを優先させようと思いました。

それがそのとき考えた自分を大切にする方法でした。

まず、この方法は間違ってはいないでしょうか?

人の話にイエスとばかり答えたり、勢いに流されないように自分の中のものを大切にしていたら、それまでは、ん?と思っても私の中でスルーできていた他者の言葉や行動が、なんだかとても不快に感じてしまいました。

それは、私の観念の中でやってはダメなこと、言ってはいけないことを、相手がしているからというのは、なんとなくわかっています。

私が観念を手放せば、その不快な感覚はなくなると思っています。

でも、自分を大切にとか、自分を優先させるようになってから、他者の観念がスルーできなくなったのが、気になりました。

相手にも私が悪い意味のほうで、変わったと言われました。

自分の感覚を大切にすることで、今まで、そこまで不快でなかったことがとても不快に感じたり、親しかった相手と、合わなくなったりということは、あるのでしょうか?

 

私はどちらかというと、自分の感覚を優先するのは大切なことで、自分は良い方へと変化をしてると思っています。

自分を大切にする方法でも、アドバイスがあれば教えていただきたいです。

よろしくお願いします。


引用
稲津秀樹
結合: 5年前
投稿: 830
 

SANAさん、こんにちは! 稲津 秀樹です。
ご質問ありがとうございます。

『この方法は間違ってはいないでしょうか?』とのご質問に対してですが、自分を大切にすることは他者を大切にすることに繋がっていきますので、SANAさんの考えは決して間違えてはおりません。

自分を大切にすることはとても大切なことです。
ただ自分を大切にすることは大切ですが、TPOも考慮に入れるようにしましょうね。
また意見が違うときに、どう伝えるかも大切になります。

次に『自分の感覚を大切にすることで、今までそこまで不快でなかったことがとても不快に感じたり、親しかった相手と合わなくなったりということはあるのでしょうか?』とのご質問に対してですが、それはあります。

観念というものは主観的な物事の捉え方(主観的な価値観)でしたよね。
そして観念を持っている人は、その観念を観念とは感じておらず概念(客観的な価値観)と捉えていることが多いものです。

そのため人は自分の観念に合わない人や合わなくなった人を、「あの人は間違えている」とか「あの人は変わった」というのです。
SANAさんが自分自身に正直になり、観念を修正したり手放したりすることはとても良いことです。
ただ先ほどもお伝えしたように、TPOや自分自身の考えを伝え方には気をつける必要があるのですね☺️


返信引用
SANA
 SANA
結合: 2年前
投稿: 51
Topic starter  

ヒデさんこんにちは!

返信ありがとうございます😊

よくわかりました。

自分の観念に合わなくなった人を不快に思うことあるというのが、とても身に染みました。

あと、私は自分を大切に自分に正直になることに必死になり過ぎて、相手とのコミュニケーションがうまくいってなかった自覚はとてもあって、伝え方だよねと考えておりました。

あとは前にヒデさんのおっしゃっていたように、嘘はよくないけれど、相手のために使うなら方便になる?という話もコミュニケーションの一つだよねと思いました。

ずっと、もやもやしておりました。

観念が変わることで、今までの関係が変わってくることもあると知って、落ち着きました。

ありがとうございました😊

これからもよろしくお願いいたします。


返信引用
稲津秀樹
結合: 5年前
投稿: 830
 

SANAさん、こんにちは! 稲津 秀樹です。
こちらこそ、これからも気軽に質問してくださいね☺️


返信引用

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

 

更新日:

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.