みんなの質問広場

価値観の違い  

 

ひまわり
 ひまわり
参加: 4か月 前
投稿: 34
2019年8月25日 10:38 AM  

ひでさん

おはようございます

今朝こんなことがありました。18歳の息子が、オシャレな朝ご飯が欲しい!と言ってきたので、お望み通りホットケーキを焼きました。(前回オシャレ=ホットケーキと言われたので)前回は普通に焼いたので、今日は、お店みたいにしようと頑張ってみましたが、思ったようにならず見た目に失敗してしまいました。すると

何これ!?え?何がしたいん?は?と

馬鹿にしたように言ってきました。

「いや、オシャレにお店みたいにしようと思ったら、失敗してさしまって2段に別れてしまったんよ!」

でも、焦げてるわけじゃないから!

「なんでこんなんなん?こんなん食べにくいし。食べれるかどうかは俺が決めることで、お前が決めることじゃない!」

え?少し前と違うだけで、問題なくね?

「じゃからお前が決めるな!作り直せ!」

ムカつくけど作り直しました。納得は行きません。すると、息子が、お前は価値観の違いといっつも言うけど、俺の周りのヤツに聞いたけど、価値観の違いというのは、お互いが許容出来る範囲って皆言うた。

あんたは自分だけの価値観を押し付けすぎなんよ。出来てないのに、価値観の違いって言葉使うな!と言われました。

なんだかよく分からなくなり、ひでさんのメールを読み直してみましたが、観念がよく分からなくなりました。 私は今回のことで言えば、母がご飯を作るのは当たり前!と息子が思っているから、自分の思う結果でなかった時に直ぐに文句しか出ないのだと思います。作ってもらう事に感謝の気持ちがあれば、こんな言葉はでないと思います。何でも当たり前と思う息子に、それは違うんじゃないかな!と言ってぶつかることが多々あります。息子は狭い空間で生きているので、私がぶつかっていくしかないとも思いますが、ぶつかると、お前の価値観を押し付けるな。と言われます。どういうふうにしていけば良いのか分からなくなりました。長々と、すいません。


引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 466
2019年8月26日 8:49 AM  

ひまわりさん、おはようございます!HIDEです。

これはどちらが正しいと言えるものではなく、互いの観念(主観的な価値観)の違いからくる衝突なのですね。

もちろん息子さんの観念もあります。そしてひまわりさんの観念もあります。
その観念を互いに認め合っていないのが問題なのですね。

ただ母親というのは、家事をするメイドさんではないので、母親が作るものに文句があるのであれば、息子さんは自分で作れば良いだけなのです。

まずは息子さんが母親にいう言葉遣いにしても、少し問題があるように思いますので、まずは互いに話し合うことが大切かと思います。

そして話し合いにならないのであれば、ヒマワリさんは息子さんの親なのですから、決してメイドのようにならないことが大切ですよ。


返信引用
ひまわり
 ひまわり
参加: 4か月 前
投稿: 34
2019年8月26日 5:54 PM  

@inazuhideki

ひでさんこんにちは

ありがとうございます

そうですね。お互いの観念がぶつかっているのですね。

息子が、口が悪いのは、私に腹が立った時など限定です。自分の思いと反する事を周りがした時や、反発した時に、お前呼ばわりと、理屈で固めてののしってきます。普段は、母さんと呼びます。良い歌があれば教えてくれるし、面白いYouTuberが入ればみて!と言ってくるし、話もよくします。

が、自分の思いと違うことをされたり(期待が外れたり)したら、自分の価値観を正当化して理屈でおさえこんでくるという感じです。

はい。私は、母さんは家政婦じゃない!ってよく言ってます。自分でやって!ともよく言います。ただ、パターンによってはせざるを得なくなります。

お互いの主観的な価値観であることからぶつかってしまった時、どこまで許せるようになるのが良いのか。それは自分の価値観を抑えれば良いのか。相手の主観的価値観を優先させるということになるのか。親子であれば躾の事もあるし

色々考えていたら訳が分からなくなってきました。

 


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 466
2019年8月30日 7:03 PM  

ひまわりさん、こんばんは!HIDEです。
ご連絡ありがとうございます。

きっと息子さんは、優しい子なのですね。ただお話を読む限り、自分自身に自信がないのではないでしょうか?
だからこそ、自分を正当化したがるのではないかと思います。

また互いの観念がぶつかったとしても、自分を抑える必要はないのですよ。そして相手に押し付ける必要もないのですね。

観念は人それぞれですので、互いの観念が違っていて当たり前なのです。
ただ自分を大切にするのと同じ程度、相手を大切にする気持ちがあれば、うまくいくと思います。

まずはひまわりさんから、その態度を取っていきましょう。
決して自分を卑下するのではなく、相手を否定するのでもなく、自分と相手を尊重するようにしていけば良いのですよ( ◠‿◠ )


返信引用
ひまわり
 ひまわり
参加: 4か月 前
投稿: 34
2019年8月30日 8:59 PM  

ヒデさんこんばんは

ありがとうございます。前に、その、自分を大切にするのと同じ程度相手も大切に!というひでさんからのお言葉を勉強しました。それを頭において、やっていましたが、感情的になってしまうと、あたまから飛んでいました。我慢をするのではなく、否定をするのではなく、自分も相手も大切にすることを頑張ってみます。またよろしくお願いします。


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 466
2019年9月1日 1:34 PM  

ひまわりさん、お返事ありがとうございます!HIDEです。

『自分を大切にするのと同じ程度、相手を大切にする!』
これはすべての基本になるものです。

自分を5まで大切にできているのであれば、相手にも5までしか大切にできません。
自分を7まで大切にできていれば、相手にも7まで大切にできるものなのですね。

つまりまず自分自身を大切にするための自尊心を育てていくことが大切なのですね。

ひまわりさん、決して自分自身を責めないでください。
今の自分でOKを出してくださいね( ◠‿◠ )

ではまた何かあれば、いつでも『みんなの質問広場』を使ってくださいね!


返信引用
ひまわり
 ひまわり
参加: 4か月 前
投稿: 34
2019年9月1日 7:30 PM  

ひでさんこんばんは

ありがとうございます。ヒデさんみたいに凄い方に、自分を責めないで!今の自分にOKを!って言ってもらえて、少しホットしました。自分も大切に相手も大切に!感情的になりそうな時はまず考えます。楽しいことが好きなのでヽ(*´∀`)ノまた相談に乗って下さい。ありがとうございました。


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 466
2019年9月1日 7:44 PM  

ひまわりさん、こんばんは!HIDEです。

ひまわりさんは今のままで完璧なのですね。
ただ観念は人それぞれですので、息子さんが息子さんの観念を通してみれば、ひまわりさんは完璧でないように見えるかもしれません。

でも息子さんの観念に合わせる必要はないのですね。
その反対に息子さんは、母親であるひまわりさんの観念に合わせる必要もないのです。

互いの価値観を認め合うことが大切なのですね。

ひまわりさんは、まず自分自身を幸せにしてください。
その姿を息子さんに見せてあげてください。

それがひまわりさんと息子さんのためになるのですよ(^ ^)


返信引用
ひまわり
 ひまわり
参加: 4か月 前
投稿: 34
2019年9月1日 9:54 PM  

ひでさん!私は、完璧だとは自分で思ってないですよ(^^;;凝り固まった観念が、そう思わそうとする時はあり、否定されたり、罵声を浴びたら、落ち込む事もあります。なんでそこまで言われないといけないの?そんなにおかしいか?と。でも、相手も、なぜ分からないの?どうしてそう思うのか?という気持ちで向かってきてるだけで、私が、おかしいわけではないんですね。話し合いになったらゆっくりと、「お互いの観念」を頭に置いて、話をしようと思います。

 


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 466
2019年9月2日 6:22 PM  

ひまわりさん、こんにちは!HIDEです。

はい!
そうしていきましょうね!
でも慌てず、ゆっくりとすることが大切ですよ( ◠‿◠ )


返信引用
ひまわり
 ひまわり
参加: 4か月 前
投稿: 34
2019年9月2日 7:32 PM  

@inazuhideki

はい!やってみます。

ありがとうございます(^o^)


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 466
2019年9月2日 7:36 PM  

ひまわりさん、お返事ありがとうございます!

はい!
応援していますよ( ◠‿◠ )


返信引用

返信する


 

更新日:

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ログイン または 登録 してください