みんなの質問広場

通知
すべてクリア

作家さんになるにあたって

 

かずこ
 かずこ
結合: 2年前
投稿: 93
Topic starter  

こんにちは。HIDEさん。

いつもありがとうございます。

HIDEさんの書籍いつも楽しく読ませていただいております。

質問です。作家さんになるにあたりHIDEさんは

①作家さんになるための準備はいつごろから始められていたのですか?

②作家さんになられるために、どのくらいの準備期間を置かれたのですか?

③どのような準備をされたのですか。

④どのように作家さんになる勉強をされたのですか?

⑤作家さんになるのにもやはりメンターさんを見つけられたのですか?

⑥たくさん練習されたのですか?

⑦一作を書かれるのにどのくらい書き直しされたりするのですか?

もしよければお教えください。


引用
稲津秀樹
結合: 4年前
投稿: 818
 

かずこさん、こんにちは!HIDEです。
ご質問ありがとうございます。

ではご質問にお答えしますね。

《質問①》
作家さんになるための準備はいつごろから始められていたのですか?

《回答①》
20代後半の頃からですね。

《質問②》
作家さんになられるために、どのくらいの準備期間を置かれたのですか?

《回答②》
約8年ですね。

《質問③》
どのような準備をされたのですか?

《回答③》
どのような分野の本を書くのかを考えて、そのための知識や知恵、実績を積んできました。

《質問④》
どのように作家さんになる勉強をされたのですか?

《回答④》
分野を決めたら、その分野のメンターから学ぶ事で勉強を進めてきました。

《質問⑤》
作家さんになるのにもやはりメンターさんを見つけられたのですか?

《回答⑤》
作家になるためのメンターはいないですね。

《質問⑥》
たくさん練習されたのですか?

《回答⑥》
もともとコピーライターではありましたので、書く練習というのはしていないですね。

《質問⑦》
一作を書かれるのにどのくらい書き直しされたりするのですか?

《回答⑦》
書き直しは1回あるかないかですね。
あったとしても誤字脱字をチェックする程度です。

以上です。

また追加のご質問があれば、遠慮なくご質問してくださいね!


返信引用
かずこ
 かずこ
結合: 2年前
投稿: 93
Topic starter  

こんにちは。HIDEさん。

ご回答ありがとうございました。

やはり、コピーライティングという基礎をしっかりとお持ちであるから、その力を作家に応用していかれたのですね。

また、もし、機会があれば、どのように作品を作り上げていかれるのか、お話が伺えたら、うれしいなと思います。

有難うございました☺

 


返信引用
稲津秀樹
結合: 4年前
投稿: 818
 

かずこさん、お返事ありがとうございます!

作家になる技術(本を書く技術)については、聞きたいという方が増えてきたらお話しするつもりですので、楽しみにしておいてくださいね!


返信引用
洋子
 洋子
結合: 2年前
投稿: 128
 

こんばんは。

かずこさんとヒデさんのやりとりを興味深く読ませていただきました(*^-^)

今すぐでなくても今後機会があったら、作家になる技術(本を書く技術)について、私も是非お話をお伺いしたいなと思いました。

よろしくお願いします。


返信引用
稲津秀樹
結合: 4年前
投稿: 818
 

洋子さん、こんにちは!HIDEです。

はい!
興味がある方が増えてきたら、幸せな自由人Loungeで講座を開かせていただきますね!


返信引用
梨香
 梨香
結合: 1年前
投稿: 1
 

秀樹さんへ

ジャックさんから習得した話。

1、幸せな自由人になる方法。

2、起業の方法。

上記は、興味があります。

でもお金にはあまり現時点では、

興味は無いです。

私は注意欠如多動性障害があり、知的障害者も自覚症状はないですが、限りなくそれに近い馬鹿だという前提で、お話します。

?最初のポイント

?お金に対する悪感情を手放す。 

       ?

  頑張っても成果かなかったが

    収入が倍になる。

下記が自分自身のお金に対する悪感情なのかは、分かりませんが、気が付いたことを、書き出しましたので、ご検証ください。

①お金はあればあったなりに使ってしまう。お金は無ければ無いなりの生活が出来る。あると思うと、使ってしまうので、同じ事。

②お金はあると、いつ誰かに取られるかと、心配で、セキュリティになんだかんだ無駄にお金と時間が必要となり、その分ストレスと、付き合うことになる。

③お金は無いと誰も、近づいて来ないので、寂しいと感じる反面、ストレスが軽くて済む。

④お金はあると投資などに使いたくなるので、多くの時間とエネルギーが必要で悩む。だけどこのままではいけないと焦る。しかし失敗を恐れる気持ちが勝ちに進むことで、銀行にしまって置くだけにする。

⑤結局、お金が有るときに、賢く運用方法を選ぶ訳だが、目先のお金に使ってしまいがちとなりいつも、悩みの種になってしまう。

 

?いつまでも

あると思うな 親と金。?

と、いった感じで

これに振り回され踊らされ苦しみから逃れられない。

?人間関係やストレスや音にも過剰な反応しがち、金銭感覚、時間管理不能。衝動性に不注意が重なる訳ですから、猜疑心、臆病である、制御が難しいことを自覚した上で、更に挑戦したい気持ちがあるのが、いまのわたしの現状であります。

生活費の最低レベルを維持さえできれば、あまり欲がない。

勇気も無い。

こんな私には起業は馬鹿げているような気がしますが

読んでいるうちに、習いたいと、漠然と、そう感じたのと、ジャックさんが今、秀樹さんと私の出会いと、少しダブリ、遺言書を頂いたように感じたので、であれば聞きたいじやないですか。

?バリ島の発達障害者より。

愛を込めて。?

 

Rika.


返信引用
稲津秀樹
結合: 4年前
投稿: 818
 

梨香さん、こんにちは!HIDEです。
投稿ありがとうございます。

起業をすれば幸せになれる。
お金があれば幸せになれる。

ということはないのですね。
だからと言って、

会社員で入れば幸せになれる。
お金がなければ幸せになれる。

ということもないのです。

なぜなら幸せというのは、起業やお金と言ったもので決まるわけではないからです。
幸せというのは、観念の法則に従って、観念によって創られるものなのですよ。


返信引用
中川忠
 中川忠
結合: 3週間前
投稿: 2
 

私は今年61歳になる男です。15歳の頃より小説家になることを志したのですが、精神に病を抱えることになって、小説家になる夢が頓挫してしまいました。しかし30歳を過ぎて、また書き始め、現在も書いております。元々は精神世界を題材としたファンタジックなものばかりを書いていましたので、送る公募もなく悩んでおりました。ある時から現実を題材にした小説が書けるようになり、今は盛んに公募に送っているのですが、なかなか通りません。稲津先生に小説家にならせて下さいと依頼するのは、あまりにも厚かましいと分かっておりますが、私の年齢も考えますと、焦ってまいります。小説家になるにはどうすればいいのでしょうか? 既に50篇ほどの小説は書いております。何卒ご教授下されますことを祈っております。精神の病の方は大分軽くなってまいりました。


返信引用
稲津秀樹
結合: 4年前
投稿: 818
 

中川忠さん、こんにちは!稲津秀樹です。
ご質問ありがとうございます。

小説家を目指しているのですね!
とっても良い夢ですね。今の時代平均寿命と健康寿命が伸びてきているので、まだまだチャンスはあります。楽しみながら頑張ってくださいね☺️

それと今回のご質問への回答ですが、私は作家ではありますが小説を書いているわけではありませんので適切な回答ではないかもしれませんが、お答えさせていただきますね。

私であれば…
①出版社に直接出向いて、原稿を読んでもらえるようお願いをする。
②電子書籍で出版をする。

以上2点を実行すると思います。

出版社は新人作家を探していますので、良いものであれば本にしてくれるはずですし、電子書籍から紙書籍になる場合もあります。

この両方をしてみてはいかがでしょう。


返信引用
中川忠
 中川忠
結合: 3週間前
投稿: 2
 

ご回答ありがとうございます。

小説を書くのはとても楽しいです。

書いている時は、生きていて本当によかったと思える時です。

だからその楽しささえあれば、何も怖くはないです。

出版社に持ち込むことと、電子書籍のアドバイスをいただいて、ありがとうございました。

先生のご教授の通り、取り敢えず、電子書籍をやってみようと考えています。

今はインターネットの世界で、世界中がつながっている時です。

きっと私にもチャンスがあると信じて、毎日書いていきたいと思います。


返信引用
稲津秀樹
結合: 4年前
投稿: 818
 

中川忠さん、稲津秀樹です。
お返事ありがとうございます!

私は紙書籍も電子書籍も出してはいますが、電子書籍には電子書籍の良さもあるので、ぜひ試してみてくださいね☺️


返信引用

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

 

更新日:

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.