みんなの質問広場

Notifications

不登校への対応 自立について  

 

サンディ
 サンディ
参加: 3か月 前
投稿: 10
2019年12月14日 3:16 PM  

度々の質問、失礼致します。

不登校の中学生の我が子に対する対応についてです。

我が家はまさに過干渉の子育てであったと反省しておりますが、依存性が強く逃げ込んでいる状態の我が子を自立できるようにしていくことが不登校解決の為不可欠だと考えております。

そこでの具体的な対応ですが、、、不登校が続いたことで勉強についていけないという二次的な原因となる問題があり、雪だるま式に大きくなっているのですが、

学校へ行けない日や、テスト前の勉強について、不登校以前以上に勉強に取り組むこと自体が難しくなっているため、この夏休みくらいまでかなり頻繁に声を掛けて時にはもらったノートのコピーやプリントの整理を手伝って、全部整えてあげたりしていましたが、

自分でやるから干渉しないで、ひとりでやりたいと頑なです。ひとりですると、やりやすい教科だけに偏ったり、自分のペースで(勉強しているつもりでも8割が休憩、など)ほとんどすすまなかったりするので干渉したくなりますが、その結果ほとんど勉強できていなかったとしても、とりあえず取り組んでいるようならひとりでやらせるほうが自立のためには良いのでしょうか?

過干渉を脱却したいと思いながら、遅れすぎてしまうとまた戻れないのではないかと考えたりして焦りがあります。

また、干渉せず、自分のペースで楽なものを少しだけやっているのでは耐性がつかず、自分流でなく人に指示されてやっていくことのほうが良い負荷になるのではという思いから、どちらが正解かわかりません。

その点について教えていただけると助かります。

是非一度個人セッションをお願いしたいと考えています。


引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 709
2019年12月14日 5:32 PM  

サンディさん、こんにちは!HIDEです。
ご質問ありがとうございます。

自立のためには、過干渉にならない方が良いのでしょうか? とのご質問ですね。

まず自立において大切なことは、『自由』と『責任』です。
そしてこの2つは、片方だけでは自立できず、私たちが両足で歩くのと同じように、両方が必要なのですね。

そして今回の件ですが、サンディさんが勉強をするように言ったのに、それをやらないのはお子さんの自由です。
でもその結果テストの点数が悪くなり、将来の進学に影響を及ぼした場合、その責任を取るのもお子さん自身なのですね。

そのことを伝えてあげるのは、親としてサンディさんの役目ですが、それを聞いてやるかどうかは本人次第なのです。

また不登校の副産物として、学力低下というものがあります。
サンディさんが心配されているように、不登校を解決したとしても、学力低下のために授業についていけない可能性も確かにあります。

でもまずは不登校を解決することを先決にしましょう。
その方が結果的に良い方向へ進むと思いますよ( ◠‿◠ )


返信引用
サンディ
 サンディ
参加: 3か月 前
投稿: 10
2019年12月14日 10:25 PM  

HIDEさん

お忙しいなかご返答ありがとうございました。

そうですね、頭ではわかっていながら、本人がとった行動の結果を親である私達がこわがり、結局過干渉になっていると思います。

HIDEさんの仰るように、まずは不登校を解決すべきであり、親としてもこの際、学校の成績の良し悪しは求めていないのですが、

間を空けることにより、いままで以上に授業についていけず、「たまに」授業に出る度に苦痛の時間を過ごし、またテストもひどい結果で、不成功体験を重ねて不登校そのものを助長するのではということが心配です。

でも、自立の本来の意味を考えるなら、それを繰り返し本人自身がそこから抜け出すことを決めて毎日行くようになるしかないということですよね…。

私自身としては、友達関係などがきっかけであっても、潜在的には勉強、学校から逃げたい気持ちが常にありこの状況になっていると考えているので、これ以上その問題が深刻化すると、そのことこそが不登校を解決できないことに直接繋がるというような観念にとらわれています。

もうすぐ冬休みなので、また大量の宿題をやりきれるか心配ですが、まずはあまり干渉せずに見守ってみます。

度々ご丁寧に、ありがとうございました。

サンディ

 


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 709
2019年12月16日 7:42 PM  

サンディさん、こんばんは!HIDEです。

親は子どもを心配するからこそ、過干渉になってしまうものですよね。
私も子どもがおりますので、とてもよく分かります。

助言はとても大切なことですので、見守りながら助言をしてあげてくださいね( ◠‿◠ )


返信引用

返信する


 

更新日:

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.