みんなの質問広場

Notifications

相対的な幸せと本当の幸せについて  

 

みどり
 みどり
参加: 4か月 前
投稿: 13
2019年12月20日 9:18 PM  

ひでさん、こんばんは。

2回目の質問をさせて頂きます。日常生活の中で一つ疑問に思った事があります。

 時間を手に入れた後の幸せな自由人についてですが、私はそれなりにいつも何かに打ち込んでいないと幸せを感じ辛いのか、昔も一時仕事をしてない時期が1,2ヶ月有ったときに、心の充実感というか、何をしていいか、何処へ向かえばいいのかわからず、思ったより自由は幸せではないと感じた事があります。

自由どころか気持ちが塞いできてしまうのです。

その時に、この世は相対的な世界だからそこそこの大変さや、忙しさの中でしか、幸せや自由な時間への感謝の気持ちは存在しないのだろうと思っていました。

今こう書きながら客観視してみると、少し忙しい日本の現代病の病にかかっているのかなとも感じます。

時間の感じ方は、それぞれの感じ方、観念などで違うのでしょうか?

最近は自分の時間を費やすに値する事にまだ出会ってないからかもしれないとも思っています。

ひでさんは、自由な時間をもて余してしまうことなどありますか?

こんな質問をしつつやっぱり幸せな自由人に憧れています。

よろしくお願いします。


引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 709
2019年12月21日 8:35 PM  

みどりさん、こんばんは!HIIDEです。
ご質問ありがとうございます。

みどりさんは経済的自由人という言葉は聞いたことあるでしょうか?

経済的自由人というのは、『お金の自由』と『時間の自由』の2つを得た状況のことを指すのですが、経済的自由人になった人は自由な時間を持て余し、中には定年後にうつ病にかかる人のような状態になることもあります。

その理由は、『お金の自由』と『時間の自由』だけでは、人は幸せになることができないからですね。

幸せになるためには、『人間関係の自由・お金の自由・時間の自由・場所の自由・健康の自由・観念の自由』の6つが必要なのですね。
この6つから自由になっている人は、時間を持て余すことはないのですね。

私も35歳で経済的自由人になった頃は、時間を持て余し、毎日怠惰な生活をしていましたが、幸せな自由人になってからは、時間を有効活用することができるようになりました。

ですので幸せな自由人は、時間を持て余すことはないのですね( ◠‿◠ )

 


返信引用
みどり
 みどり
参加: 4か月 前
投稿: 13
2019年12月22日 10:37 PM  

こんばんは。

ひでさんお返事ありがとうございます。ひでさんの説明で疑問が解決したような気がします。

6個のことから自由になると気持ちが解放され自由になれると言う事ですね。

すごく納得できました。

自由人になることについて希望が持てました。

ありがとうございました。

 

 


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 709
2019年12月23日 6:41 PM  

みどりさん、こんばんは!HIDEです。
お返事ありがとうございます。

スッキリされたようで良かったです。
またご質問があれば、いつでも『みんなの質問広場』を使ってくださいね( ◠‿◠ )


返信引用

返信する


 

更新日:

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.