みんなの質問広場

幸せの自由人の観念について  

 

teru
 teru
参加: 4か月 前
投稿: 8
2019年8月3日 6:53 AM  

HIDEさんのお友達には、多くの幸せな自由人が、いらっしゃると思うのですが、その皆さんが共通で持っている観念はありますか?そして、それらは幸せな自由人になりたい人には、持つべき重要な観念と考えていいですか?


引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 557
2019年8月3日 4:46 PM  

Teruさん、こんにちは!HIDEです。

幸せな自由人共通の観念ですね。
たくさんあるのですが、やはり代表的なものは…

①不必要な観念を手放している、もしくは柔軟なために、周りを評価することがほとんどない。
②自分軸で生きているため、周りの評価に一喜一憂しない。
③すべてのものは無限にあると考えている。
④自分が100%人生を創っていると考えている。

まだありますが、代表的なものはこの4点ですね。

幸せな自由人の友人は外国人に多いので、文化の違いがかなりあるのですが、幸せな自由人はあまり細かいことを気にすることはないですね(^ ^)


返信引用
teru
 teru
参加: 4か月 前
投稿: 8
2019年8月7日 7:12 AM  

幸せな自由人は、私が思うほど複雑ではなく、シンプルに生きていらっしゃる人が多いのですね。

ただ、自分を肯定して、信じる事ができないと難しそうに思えます。

幸せな自由人が持っている観念は、自分を強く信じているという力強さを感じます。

私はこのままの自分に、自信がないので、学ぶことで、その不足を埋めていきたいと思っているようです。完璧にはなれないと思ってわかっているのですが、この、私なんてまだまだ未熟だという観念に縛られています。

幸せな自由人の方々の観念が、染み込んでくれるように、数多く触れていきたいと思います。


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 557
2019年8月7日 10:50 AM  

Teruさん、こんにちは!HIDEです。

メッセージありがとうございます。
Teruさんは、ご自身のことを完璧ではないと考えているのですね。
だからこそ学ぶことで自信をつけていきたいと思われているのですね。

もちろんそれは決して間違いではありません。
でも学ぶことで自信がつくものではないのですね。
自信は考え方の問題なのです。

少し深く理解していただくために、Teruさんにご質問をしますね。

Teruさんにとって、完璧とは何でしょうか?
仕事ができて、スポーツができて、友人が多く、才能に溢れている人でしょうか?

もしそう考えているのであれば、完璧な人は世の中にいないことになります。

幸せな自由人は今できるから完璧と思っているのではなく、可能性が状態を完璧と捉えているのです。

例えば、Teruさんは子どもをみて、この子は完璧ではないと思いますか?
もちろん相手は子どもですから、私たちに比べればできないことが多いですね。

でも私は、そんな子どもでも完璧と思っています。
なぜなら人には可能性があるからなのですね。

私には4歳の娘がいるのですが、もちろんまだまだできないことが多いのです。
でも娘には可能性があります。
医師になろうと思えばなれるでしょうし、パン屋になりたければなれるでしょう。

今世の時間は有限ですから、すべてをやることは絶対に無理ですが、やると決めたことは必ずできるのが人間なのですね。

ですから何かができないから不完全なのではなく、何かをしようとすればできる能力を持っていること自体で完璧なのですね。

Teruさんも私もできないことがたくさんありますが、私たちには可能性があります。
だから私は自分自身のことも、Teruさんのことも完璧と考えているのですよ(^ ^)


返信引用
teru
 teru
参加: 4か月 前
投稿: 8
2019年8月8日 7:08 AM  

@inazuhideki

何かをしようとした時にできるに力があるという自体で、完璧なんですね。学ぶ事で、自分に自信をつけようとしていた自分に気がつけたのですが、今回のより詳しいお話で更に理解できました。

もやもやが、少し取れたように思います。自分の内側を見ていく事は時に勇気がいりますが、ここで学ぶ間にも自分についていっぱい考える機会が持てて、発見できた時が嬉しいです。

少し進めそうです。ありがとうございました。


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 557
2019年8月8日 12:13 PM  

Teruさん、こんにちは!HIDEです。

心のモヤモヤが取れたとのことで、本当に良かったです。
これからも楽しみながら、焦らずに学んでいきましょうね!


返信引用
ひよこ
 ひよこ
参加: 4か月 前
投稿: 12
2019年8月22日 9:17 AM  

いつも読ませて頂き勉強になります。

不登校にさせる親は、親の育った環境の投影現象ということで、そこは腑におちました。納得です。

それを真に受けて幼少期、育ってきた子どもの無意識の潜在意識には(私で言えば◯◯せねばならないで育てた)、また自分の子が子育てするときに無意識に出てくるんでしょうか?教えて下さい。


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 557
2019年8月22日 10:13 AM  

ひよこさん、こんにちは!HIDEです。

親の観念が子どもに影響を与え、その子どもが大人になり子育てをするときに、そのまた子どもへ影響を与えるのでしょうか?とのご質問ですね。

これは必ずと断言できるものではありませんが、多くの場合は影響を与えます。
ただその子どもが観念の修正をした場合は、子どもへ影響を与えることはありません。

これを仏教では縁起(因果)といい、心理学では投影現象と呼ぶのですね( ◠‿◠ )


返信引用
ひよこ
 ひよこ
参加: 4か月 前
投稿: 12
2019年8月22日 10:30 AM  

@inazuhideki

ありがとうございます!修正しないと、ということですね。ありがとうございます!


返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 557
2019年8月26日 8:32 AM  

ひよこさん、おはようございます!HIDEです。

その通りです。
修正する方法は、正しく学べば難しいものではないので、安心してくださいね( ◠‿◠ )


返信引用
ひよこ
 ひよこ
参加: 4か月 前
投稿: 12
2019年8月26日 8:40 AM  

@inazuhideki

  1. 不登校で自己肯定感が持てず、深層心理に学校行けない=生きている価値がないみたいな思考を本人に持たせてしまっています。いてくれるだけで、あるがままでいいんだよと伝えたいのですがまたそのような参考になるHIDEさんの動画があったら教えて下さい。返信頂きありがとうございました。

返信引用
稲津秀樹
参加: 3年 前
投稿: 557
2019年8月30日 7:24 PM  

ひよこさん、こんばんは!HIDEです。

不登校生徒の多くは、自己肯定感が低く自尊心も低いことが多いものです。
だからこそ学校に行けない(学校に行くのが怖い)のです。

ですので不登校を克服するためには、まず自己肯定感が低くなっている理由である『観念』を修正する必要があるのですね。

またこれからも徐々に動画をアップしていきますので、よろしくお願いいたします( ◠‿◠ )


返信引用

返信する


 

更新日:

Copyright© 稲津秀樹 オフィシャルサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ログイン または 登録 してください